FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICEシリーズの新作! - 2013.03.09 Sat

みなさんこんには。

どうお過ごしでしょうか。僕の学校ではまたちょいちょいインフルエンザがでてきてますね。
自分も1月にインフルになったので今は手洗いうがいを心がけています。

と、まあ世間話はこれくらいにしてモデルロケットの話をしますよー

えー今回作ったロケットはICE-1の後継機
   「ICE-2」
です. そのまんまですねはい。

ちなみにICE-1ってこれ
IMG_0173_R.jpg
カメラつけてたね.
福大で打ち上げたんです。福岡大学の方本当にありがとう.

今回は特に何もつみませーん.

第一ICEシリーズ自体あんまりやったことのない事はしないんです。
ICEシリーズは確立された技術を使って作るロケットなんだよ.
と、自分の中で決めたのです。

では製作過程を紹介します。

いつもどおりなら500番、1000番、2000番のヤスリで整えたらボディーチューブの表面処理は終了ですが今回はここでは終わりません.
今回使うボディーチューブには紙筒につきものの「シーム」というものがあります。
別にそのままでもいいんですが今回はなんとなく埋めてみたかったのでやってみることにしました。

そして今回埋めるのに使ったのはタミヤのベーシックパテ。 写真...あ.ない
サーフェイサーのどろどろ版みたいな感じかな。

整えたあとがこちら
IMG_0373_R.jpg
ついでにノーズコーンの処理もした。

そしてこれにサフを吹いて塗装の下地は完成。


次はフィンを作ります。
今回使う素材はバルサです。東急ハンズで買った.
厚さは5ミリ.
ちゃちゃっと切り出し。
IMG_0374_R.jpg
そしてヤスリで空気抵抗を減らすためのエッジをつけます。そのあとボディーチューブにおこなった表面処理をそのまんま施したいところですが削りやすくするため途中にサンディングシーラーを吹いてます。
結構早く乾くのでやりやすいですよ。

んで処理を施したあとがこちら
IMG_0381_R.jpg
ふう疲れた。 エッジをつけるの大変だったからなあ.

フィンの処理はこれで終了.

次はフィンの接着です。

フィンアライメントガイドを使います。でも完全に信用ができないのがESTES社.
そのまんま使うと少しゆがむという難点が。

対策としては紙をガイドとフィンとの間に挟んだりすると結構よくなります。


IMG_0382_R.jpg
今回は大きな力が加わることはないと思うのでボンドだけで接着。(というかエポキシが無かった)

固定の関係上2つずつ接着します。

2つだけ
IMG_0383_R.jpg
そして4つ
IMG_0384_R.jpg
こうしてフィンの接着は完了。

エンジンマウントも製作。
IMG_0378_R.jpg
M3の丸カンをつけています。
ここにショックコードが接続されます。

IMG_0379_R.jpg
リカバリーワディングを節約するためのピストンも製作。

今回はここまでー
次回は塗装と機体の紹介を.

IMG_0366_R.jpg
では。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ak7411622250.blog.fc2.com/tb.php/19-1772e15c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ICEシリーズの新作! 続き! «  | BLOG TOP |  » 色々作っている。

プロフィール

Genkitahara

Author:Genkitahara
ようこそ!

宇宙最前線を目指します!

ロボコンもします。

デジタル1眼レフカメラがほしい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
紹介 (2)
制作 (1)
福大ロケット (2)
報告 (6)
電子工作 (7)
ロボコン (0)
見なくていいです (0)
モデルロケット (10)
種子島ロケットコンテスト (3)
自分めも (1)
SPIF (0)

ついったー

投稿動画

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。